セキュリティの知識について。

セキュリティの知識について。

情報セキュリティについての基本概念

現代社会においてはインターネットを始めとする情報システムはビジネスに必須のインフラとなっています。企業や団体といった組織にとって、情報セキュリティ対策は、いまや重要な経営課題であると言えるでしょう。こうした対策には、組織全体の基本方針の策定や、適切な投資と経営者による意志決定が欠かせません。そのためにも基本的な概念について理解しておくことが最も大切なことと言えるでしょう。企業や団体といった組織における情報セキュリティ対策の基本概念は、企業の持つ情報資産を、機密性、完全性、可用性に関する脅威から保護することと言えるでしょう。

ここで情報資産と言うのは、組織などで保有している情報全般のことを指しています。顧客情報や経営情報だけではなく、それらを記録したファイルやデータ保存されているパソコンやサーバなどのハードウェア、あるいはDVD-ROMやUSBといった記録媒体、そして当然ながら紙の資料も情報資産に含まれています。これらの情報資産を脅かす具体的な脅威になるものとして、機密情報の漏洩や不正アクセス、データの改竄、サービス停止などが挙げられます。企業や団体においては、自社が保有している情報資産の特質を十分に検討した上で、これらの機密性、完全性、可用性のバランスを考慮しながら必要な対策を行っていくことが大切です。

人気のセキュリティ。このサイトを一度覗いて下さい☆

Copyright (C)2017セキュリティの知識について。.All rights reserved.